Loading

chiefです。
新年度スタートも多忙感もだいぶ落ち着いてきました。
桜の木も満開の桜色から葉桜に変わってきましたね。
さて、今日は最近密かなブームなものをご紹介
赤酒
「千代の園酒造 極上赤酒」です。
赤酒は、熊本で造られている灰持酒(あくもちざけ)です。
灰持酒とは、醸造したもろみに灰を混入させる、日本酒の一種です。
詳しく説明しますと
原材料にもち米を加え、水の量を5割近くまで減らして仕込み
終盤に大麦麦芽も加えて更に発酵させた後
もろみを絞る直前に木灰を混入しています。
灰を混入する理由は
酸性を中和させる役割ですが
実際は酒をアルカリ性にしてしまいます。
このため腐敗の原因となる細菌が育成しないのです。
また酒の成分であるアミノ酸が糖と反応して赤みを帯びて
そして独特の風味も醸し出されます。
簡単に言いますと腐敗を防ぐためにとった方法です。
熊本から献上品として赤酒は流通していたようで
長旅に耐えられるお酒となったのです。
熊本の中でも赤酒はちょっと特別なお酒ですね。
ほとんどの方がお正月の御屠蘇で飲まれることが多いでしょう。
バーテンダーとして今ちょっとマイブームです。
この熊本独自のお酒を使ったカクテルを考えてます。
そのまま飲んでもとっても美味しいのですが
ここはlenteのカウンター、いろいろなお酒と調合します。
地酒のカクテルっていうのもひとつの地産地消ですね。
ぜひ試してみてください!!

PAGE TOP