Loading

chiefです。
本日は節分。
豆まきに恵方巻き。
なぜまめをまくのか…。
鬼をはらうためにまくまめ。
魔を滅するために投げるもの。
まをめっする→まめ
という説もあるらしいですよ!
明日から季節は春ですね。
さて、今日はカクテルのご紹介
moscow
見るからにおいしいそうな感じ。
「モスコミュール」です。
このカクテルはきっとご存知の方も多いでしょう。
スタンダードカクテルの中のスタンダードといった感じです。
このカクテルのレシピは
ウオッカ      45ml
ライムジュース   15ml
ジンジャービアー  適量
ウオッカとライムジュースを氷を入れたタンブラーに注ぎ
冷やしたジンジャービアーを満たす。
スライスライムを飾る。
(NBAオフィシャルカクテルブックより)
カクテルの意味は一般的に「モスクワのラバ」といわれています。
キックの強いカクテルとロシアのウオッカを使うからでしょうか。
ただもうひとつの意味も…。
ミュールとは、頑固者、強情な人という意味もあるんです。
いうなら「モスクワの頑固者」
ベースのウオッカを熊本の焼酎なんかに変えて作ると
熊本ミュール→熊本の頑固者→肥後もっこす
なんてネーミングになっちゃいそうですね。
もともとは
1946年、ハリウッドのバーで
ジンジャービアーの在庫を抱えたバーテンダーと
アメリカにウオッカを売り込みにきたが売れずに困っていた営業マンと
銅製のマグカップの在庫を大量に抱えた業者が
出会うことで出来上がったなんて説があります。
レンテのモスコミュールにはしょうがのスライスが入ってます。
ほかとは一味違ったあじわいですよ。
ぜひどうぞ!

PAGE TOP