Loading

chiefです。
11月も今日で終わり。
気温の方も日に日に冬らしくなってきました。
街はもうクリスマスモード。
lenteがある、三年坂もイルミネーションが輝いております。
さて、今日はscotch whiskyのご紹介。
「ジョニーウォーカー ブラックラベル 12年」
世界で一番売れているスコッチウイスキー「ジョニーウォーカー」。
そのライナップの一つ「ブラックラベル 12年」通称「ジョニ黒」。
ジョニーウォーカーを生んだジョン・ウォーカー&サンズ社の創業は1820年。
当時は紅茶や香辛料、ワインやスピリッツ類を扱っていた商店でした。
1831年に連続式蒸留機が発明されたの機に、ウイスキー作りをはじめました。
紅茶のブレンドからヒントを得て、異なるウイスキーをブレンドするアイディアを思いつき、現在のジョニ黒の原型「ウォーカーズ・オールド・ハイランド・ウイスキー」が考案されました。
その後、1909年に「ジョニーウォーカーブラックラベル12年」として正式に登場しました。
ジョニ黒は昔、日本で、
「金があったらジョニ黒を飲め!」
といわれるほど高級なお酒でした。
なにはともあれ…。
最近めちゃくちゃハマってます、個人的に。
本当に美味いブレンデットウイスキーです。
ショットグラスでストレート。
ほんのり甘く、奥深い味わい。
ウイスキー初心者にも上級者にもお勧めですよ。
ジョニ黒
(しまった、写真にyasuyukiが入ってる(>_<))

PAGE TOP